Shomeidoトップ > フルーツ一覧 > 柑橘 > 白柳ネーブル








昭和7年頃、静岡県細江町伊目(現在の浜松市)の加茂吾郎氏は、ワシントンネーブルの枝変わりから大玉の果実が生ることを発見しました。
加茂氏は、大玉果と豊産性に着目し増産を計画しましたが、戦時中のことで増殖できず軍隊にその原木を伐採されてしまったのです。

ところが幸いにも原木から譲られた穂木を高接ぎした一樹が、白柳辰雄氏のもとで生き残りました。
白柳氏はこのネーブルを増殖し、栽培技術を確立したのです。
これが白柳ネーブルです。

普通のオレンジとは比べ物にならないほど、皮が薄くて中身はぎっしり。
ネーブルオレンジの頂点とも言える品格を備えています。




白柳ネーブルを手にした時の、意外なまでにずっしりとした重さにも驚きますが、つるんと薄くてきれいな皮から放たれるその芳しい香りもまた素晴らしい。

他の柑橘類にはない、白柳ネーブルの特筆すべき特徴のひとつです。

ネーブルというと、その苦さが着目されがちですが、十分な甘さの中にあるほんのりと感じるほろ苦さは、逆に白柳ネーブルの甘さをぐっと引き立ててくれます。

甘いだけではない、素晴らしい味のバランス。

白柳ネーブルは、通好みの「大人の柑橘」と言っても過言ではありません。


現在登録されている商品はありません