フルーツshomeidoへ
コースのご予約

栽培のプロセス

マスクメロントップへ >栽培のプロセス

概要

一定温度のガラス張りの温室で栽培されています。

静岡県の温室メロンは、スリークオーター型と言われるメロン栽培専用のガラス温室で作られています。
この温室は、南側の屋根の面積が大きく、太陽の光を最大限取り入れる工夫がなされています。

隔離ベッドで栽培されています。

隔離ベッドとは、地面から隔離された栽培方法です。

この栽培方法の長所は、以下の3点です。

  • 余分な水分や養分を吸わせないことで、メロンの生長を自由自在に調整することができる。
  • 病害虫の防除が簡単で、連作障害が発生しにくい。
  • 土に含まれる養分の量や土の柔らかさを、メロンに合わせることができる。

一方短所は、以下の2点です。

  • 土の中の水分管理が難しい。
  • 設置費用がかかる。

1年中栽培されています。

メロンの生育は気温に影響されます。
夏は85日と短く、冬は110日程度かかります。

1本の木に1つだけ。

ひとつの木に3つの果実がなりますが、最も形の良いものを残して残りふたつは摘み取ってしまいます。
それは、養分をひとつの果実に集中させるためです。

静岡マスクメロンのブランドを維持するための厳格な検査。

出荷の際には、果実の切断検査が静岡県温室農業協同組合で実施されます。
具体的には、出荷される6個入りメロンの箱から無作為にメロンが選ばれ、検査員が、肉質、糖度、風味、熟度、食味を厳格に調べます。それらの項目に全て合格して、初めて本格的な出荷が許可されます。

栽培のプロセス

  1. 1発芽

  2. 2接ぎ木(発芽後約7日)

  3. 3定植

  4. 4成長

  5. 5開花(発芽後約50日)

  6. 6結実(開花後約10日)

  7. 7網目の出現(開花後約30日)

  8. 8間もなく出荷(夏季で開花後約45日)