Shomeidoトップ > 菓子・ジュース > 紅ほっぺいちごゴロゴロール

紅ほっぺいちごゴロゴロール




静岡県浜松市・天竜にある創業100年の老舗御菓子屋・むらせやさん。

老舗御菓子屋だけあり、地元ではその味への信頼は抜群なことはもちろん、地元テレビ局からの取材も後を絶ちません。
創業以来の和菓子や「ぷちちーず」や「黒豆と和栗のモンブラン」などアイディア溢れるスイーツも作っておられます。

ゴロゴロールケーキもむらせやさんのご協力のもと、作っていただいております。


使用するのは大粒の紅ほっぺいちご
使用するのは大粒の紅ほっぺいちご 「紅ほっぺ」は静岡県農業試験場において「章姫」に「さちのか」を交配して育成されました。

そして、その中から選抜、育成を行いながら試験栽培を重ね、その5年後に特性が安定していることを確認して育成が完了し、平成14年7月に品種登録されました。
“ほっぺが落ちるほど美味しい”として『紅ほっぺ』と命名されました。

円錐形の大粒で真っ赤な色がとても印象的な外観で、その美味しさから今や全国にその名を知られるほどになりました。


紅ほっぺいちごは大粒がいい

浜松市内で紅ほっぺを栽培している松井さん。
紅ほっぺを知り尽くした松井さんにお聞きした美味しい紅ほっぺの条件、それは「粒が大きいこと」
紅ほっぺはもともと実が大きくなる品種。より大きく育って、真っ赤で色づきのいい実が美味しいいちごです。

当店で仕入れている紅ほっぺも、美味しい紅ほっぺの条件にぴったり当てはまる大粒のもの。
紅ほっぺの生まれ故郷・静岡から自信を持ってお届けいたします。


紅ほっぺいちごは朝採り 紅ほっぺいちご冷蔵庫へ 紅ほっぺいちご手作業選果
紅ほっぺは朝採り そのまま冷蔵庫へ保管 手作業で選果&パック詰め
朝採らないと気温の上昇に伴い、紅ほっぺの玉が弱くなるためです。 冷やして紅ほっぺの玉を締めるために行います。これをすることで鮮度が保たれる時間が大幅に伸びます。 紅ほっぺに限らず、いちごは大変繊細な果物。少しの指の押されで出荷できないものになるので、細心の注意が必要。この後、出荷されます。



紅ほっぺいちごゴロゴロール
ゴロゴロールはその名の通り、Shomeidoが仕入れた旬で美味しい新鮮な大粒紅ほっぺをたっぷりと使用したロールケーキ。

紅ほっぺは香りが強く大粒で、ほんのり甘酸っぱくていちごの中でもクリームとの相性が抜群に良い品種。
1本のゴロゴロールに、大粒の紅ほっぺが約3つも入っています。

紅ほっぺの鮮やかな赤色の断面は瑞々しくジューシー。
ふんわりとした生地、滑らかなクリーム、そしてジューシーな紅ほっぺのハーモニーは言葉に出来ない幸せの味です。
紅ほっぺいちごゴロゴロール



【1】
Shomeidoが市場から仕入れた新鮮ないちご・紅ほっぺ。
ゴロゴロールの材料として、むらせやさんにお届けします。
【2】
ロールケーキの質感を決める生地。これだけ食べても美味しい、ふわふわで優しい食感です。

チョコレート味の生地にはココアパウダーをたっぷり入れています。
【3】
滑らかな舌触りがたまらないクリーム。
主張しすぎず生地や素材の味をしっかりと引き立ててくれる絶妙な甘さです。
ほんのりピンクに染まったクリームはさらに食欲をそそります。
【4】
ふわふわの生地の上にたっぷりクリームを塗っていきます。
いよいよロールケーキの完成型に近づいてきます。
【5】
Shomeidoから届けた紅ほっぺの葉を1つ1つ丁寧に取り、クリームの上に隙間無くきれいに並べられていきます。
 
【6】
柔らかな生地といちごをつぶさないよう、慎重に巻いていきます。
無事巻き終わって半分にカットすれば、「紅ほっぺゴロゴロール」の完成です。  



紅ほっぺいちごゴロゴロール 紅ほっぺいちごゴロゴロール
プレーンロール チョコレートロール


フルーツロールケーキ「ゴロゴロール」が商標登録されました

現在登録されている商品はありません